平凡な日常です。(富山県在住)

by スイミー

飛んで・・・(トルコの旅)

a0104891_2323666.jpg

飛んで~♪ イスタンブゥ~~ル~♪  と、言う歌がありましたが
まさに、飛行機で12時間(なぜか1時間も早く着きました。)
日本との時差6時間(本当は7時間ですが、サマータイム中なので)
イスタンブール空港に、5日早朝着きました。

イスタンブールはヨーロッパ側にありますが、
トルコの国土の97%はアジアです。
トルコ人のご先祖様はモンゴルの遊牧民だったそうで、
日本人も同じ仲間という親近感を持っている人が多いそうです。
確かに皆さん、人懐っこく話しかけてきてくれました。
「コンニチハ」「サヨナラ」とか、
「ミッツデセンエン!」「コレヤスイヨ~」「オマケスルヨ~♪」


まだ地元の人たちが眠っている中、バスはテキルダーのゲリボリ港へ直行
郊外へ行くに従い、ヒマワリ畑や農地が広がっていました。
a0104891_2322552.jpg

ヨーロッパ側のゲリボリ港
a0104891_2330130.jpg

ここで昼食・・・チャイ(名物のトルコ紅茶)、ミネラルウォーター、トマトのスープ
(中身は日によって色々変わりましたが・・・日本の味噌汁みたいな存在)
この三品は旅行中、ズゥ~~ッと毎日飲食!
この時はそんなことは知らなかったのですが・・・今では、うんざり!
a0104891_23222985.jpg

ダーダネス海峡を渡り、アジア側のラプセキ港へ
フェリーでヨーロッパ大陸からアジア大陸へと渡りました。
a0104891_2330327.jpg


いよいよ、トルコのアナトリアの旅が始まりました。

初めはトロイの遺跡
港に近い。豊かな農地が広がっている。小高い丘から敵が見張れる。
これらの好条件から、この土地は狙われ、繁栄と没落を繰り返し
シューリーマン(ドイツ)によって、
遺跡が発見された時は九層も重なっていたそうです。(今も発掘中)
a0104891_23534967.jpg

これは木馬が置かれた坂道。
当時の木馬よりは小さいですが復元されていました。(中に入れます。)
a0104891_2354596.jpg


宿泊ホテルから海へ・・・これが憧れのエーゲ海!
水着持って来れば良かった~★  日の入り、月の出
a0104891_024145.jpg

by pcnsumie | 2009-07-15 23:57 | 旅行