郵便

信号待ちの交差点で、ふと目をやると・・・
角の古い家の引き戸が開いて、おばぁちゃんが出て来ました。
足が痛いのか、不自由そうに足を引きずっています。
この雨の中どこへ行くのかしら?と、見ていると、
すっかり錆び付いた郵便受けへ。

何にも来ていないのを確かめると、
パタンと蓋を閉めて、足を引きずりながら再び中へ。
何かお便りを待っていたのか、
郵便受けの確認が習慣なのか・・・
ふっと、娘時代、手紙の返事を待ち焦がれて
郵便屋さんの自転車を待っていたことが、懐かしくよみがえりました。

そう言えば、ここのところ我が家に届くお便りは
「喪中につき・・・・・」の葉書きばかり。
今日も、一通届きました。
私たち夫婦には、2、3年前からこの種の葉書きが増えました。
そういう年代になったと言う事でしょうか。

先週から、PC教室では年賀状の作成講習が始まりました。
色々デザインを考えながら、組み合わせていくのは楽しいものです。
こんな時しか、葉書きは出さなくなりました。
a0104891_2211913.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2009-11-19 22:39 | 雑談
平凡な日常です。       (富山県在住)

by スイミー