ペルセウス座流星群

昨晩真夜中(今朝早朝)に玄関のチャイムが鳴りました。
こんな時間にいったい誰?と、恐る恐る戸口に近づいてみると・・・
外からトーンを落とした怖い声で
「こんばんは~~~★」


幽霊のつもりでしょうが、声は孫たちのもの。
こんな時間に、あらまぁ~と玄関を開けました。

聞けば、近くの県民公園が“ペルセウス座流星群”の観察のために
夜間開放されていて、それに行ってきたとのこと。
下の孫は9、10個位の流星を確認できたとのことで喜んでいました。
a0104891_8362320.jpg


私のPCで見ることができた他の星座の名前など確認をして
アイスを食べて親子4人真夜中1時に帰っていきました。
a0104891_836494.jpg

a0104891_8371777.jpg


宇宙はすごいスピードで拡大しているけれど、限界が来たら今度はどうなると思う?
今度は縮まって行くんやぞ~そうしたらどうする?挟まれてつぶれるぞ!

息子が孫たちをそんな風に脅していました。

心配いらないよ、それまでにあんたたちはとっくに死んでいるから・・・
何万年後かの話。
人間てその頃はどうなっているのでしょうね。
存在しているのでしょうか?


※写真はすべてネットより(こんな写真撮れるわけないね~★)
[PR]
by pcnsumie | 2013-08-14 22:45 | 家族
平凡な日常です。       (富山県在住)

by スイミー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30