義父

8月23日、突然の訃報でした。
ここ4年ほど寝たきりになっている義父が亡くなりました。
前日から時々呼吸が止まるとの事で様子を見に行き
点滴のお陰で顔色も良くなったと、ホッとしている矢先でした。

義母に看取られて自分のベットの上で91歳の生涯を閉じました。

お棺の中の顔も遺影の顔も微笑んでいて
在りし日の義父のイメージそのままでした。
a0104891_1730984.jpg

喪主を務めた主人も私もてんてこ舞いの忙しさ、書類上の手続きの多いこと。
やっとひと段落しました。
義母も私たちも義父を亡くした悲しみや喪失感は・・・これから・・・
[PR]
by pcnsumie | 2012-08-31 17:52 | 家族