入院

義母の身体に異常が発見されたのは全くの偶然でした。

数年ぶりに受けた住民健康診断のX線検査で
肺の要精検と言う結果。
去年12月に受診すると “肺は異常なし!”
ところが・・・そのレントゲン写真をお医者さんがよく見たところ
胆のうに異常が!

再び、胆のうの精密検査を受けて
入院、手術することに。
胆のうの異常が見つかることはとても稀で
肺の精密検査をしなければ見つからなかったそうです。
お医者さんは
「極めてラッキーなことです!」と~☆

義母が言うには
「私も87歳だから今さら手術なんてしないで、もう死んでもいいんだけれど、
お父さん(91歳)より一日でも長く生きていないとね。
やっぱりお父さんを見送ってあげないと・・・」

昨日入院して、明日手術です。
私たち家族にはことさら寒い冬です。
a0104891_235293.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2012-02-01 23:55 | 家族