北海道(苫小牧→函館)

今回の北海道への道のりは
富山→(自家用車)→新潟→(フェリー23:30発)→苫小牧(翌日17:30着)
フェリーでは約18時間かかり、しかも発達した低気圧の影響で
こんなことは珍しいと言うくらい、波は高くフェリーも大揺れ~★
お風呂もレストランも営業時間が短縮され、デッキへの扉も施錠。
あと少し乗っていたら、船酔い間違いなし!
揺り籠のようなベットの上で寝ているのみでした。
a0104891_2147355.jpg

ようやく苫小牧に着き、北海道の初日はホテルで寝ただけ。
北海道の大地を踏むまでに、これで1泊2日~★

3日目(実質1日目)は観光バスが何台も停まるような
大きな水産物センターで冷やかし!
a0104891_21472917.jpg

買ったのは昼食用に “カニ散らし弁当” と “イカ飯弁当”

地球岬にて、看板によると ↓
a0104891_21205730.jpg

a0104891_21162912.jpg

a0104891_21164577.jpg

少しだけ地球が丸く見えるような~♪

次は昭和新山を見ながら、買ってきたお弁当を食べました。
昭和18年のある日突然、麦畑の中からムクムクと・・・
20年9月まで噴火継続し、昭和新山が!
a0104891_21291667.jpg


ダンナが是非見たかったのは・・・有珠善光寺(伊達市)
まだ蝦夷と呼ばれていた時代、幕府がこの地に建てた3つの寺のうちのひとつ
a0104891_21383023.jpg

この頃にしては、さすが幕府の建てたお寺。
立派なものでした。

函館ではホテルのお勧め食堂で夕食
a0104891_21482965.jpg

水槽から泳いでいるイカを持ってきて見せてくれました。
「これでいいですか?」と聞かれ、 「はい!」
その時イカが・・・「キュッ!」と鳴きました。
初めて聞きました。「ついに食べられるのか!」と、嘆きの声?

もってきたゲソはまだクネクネ動いて~★
私は食べられませんでした。
ダンナ「おっ!吸盤が口の中で吸い付くぞぉ~」
しかし、「みんな食べることが出来ますよ。」と、言われましたが
ダンナでさえ、さすがイカの目玉は残しました。
[PR]
by pcnsumie | 2011-10-12 23:25 | 旅行