先日ダンナが知人から柿をもらってきました。
柿が大好物のダンナは大喜び~♪

ところが・・・その柿を食べながら
   その柿に向かってブツクサ~★

ようも、人に「食べてくだされ」と、言って木になっとるもんや!
ボクも大の柿好きだけれど、こんな不味い柿は食べたことが無い。
今まで色んな柿を食べてきたが、こんなのは初めてや!
オマエみたいな柿は熊でも「いや」と、言って食べんぞ~
甘味が少ないと言うより、全然甘味がないわ。
よう~柿ですって顔してるわ~オマエは柿じゃない!

と、文句タラタラ柿に述べながら・・・
しっかり柿を食べていました~☆
・・・・・と、これは数日前のこと。

その後、一昨日のことです。
また凝りもせず、知人から柿をもらってきました。
これはまぁまぁ食べられる~♪
不味くとも、どっちみち、柿好きですから食べるのですが・・・
「それにしても、オマエは小さいなぁ~」と、これも柿に向かってブツクサ~★

そして、昨日のことです。
今度は私が友人から柿をもらって来ました。
友人が大きくて美味しそうな物を選んで取ってくれたそうです。
(ありがとうございます~♪)
お陰様でだんなはやっと柿らしい柿にありつけました!

何となく~~
ダンナは柿は買うものじゃなくて
もらう物と思い込んでいる節があります。

{京都にて~⑤}
   世界遺産に登録された二条城
a0104891_21252316.jpg

a0104891_21254923.jpg

a0104891_2126258.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2010-12-10 21:30 | 食べ物
平凡な日常です。       (富山県在住)

by スイミー