親不知・子不知

富山から車で新潟や長野方面へ出かけるとき
北陸自動車道を通ります。
お天気の良いときは右手に立山、剣が見えます。
先日、娘親子を迎えに行く時もそうでした。
a0104891_0222247.jpg

新潟県との県境に近づくにつれて、見える山々は変わっていっても
山々の峻険さには変わりがありません。
a0104891_022355.jpg

このそびえ立つ山々を見るとき、
私はいつも少し悲しい気持ちになります。

昔の旅人達はこの高くそびえる山を仰ぎ見た時
初めはその美しさ、荘厳さ、偉大さなどに、
感嘆の声を上げたことでしょう。
そして、すぐに暗澹たる気持ちになったのではないかと・・・
行く手を阻むかのように、海岸間近までそそり立つ山・・・
そこを越えて、先に進むにはどうしたらよいのか?
その頃の旅人の気持ちを考えると、ただ美しいと感動するには
申し訳なく思うのです。

“親知らず子知らず”は現代の技術をもって
海に張り出した道路造成により、今は難なく通れますが
昔はこんな風に悲しい名前が付くほどの難所でした。
a0104891_0315191.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2010-11-29 00:44 | 雑談

平凡な日常です。(富山県在住)


by スイミー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...