平凡な日常です。       (富山県在住)

by スイミー

長男と次男

長男家族と次男家族と、みんなで夕食を食べました。
総勢(チビッ子も入れて)9人です。

次男はお刺身定食。
長男はトンカツ定食。

「あれっ!刺身少ないなぁ~★」と、不服そうな次男。
食べているうちに、やっぱり足りないのか
「オニィちゃん!カツ一切れでいいから頂戴!」と、箸を伸ばして・・・
a0104891_1928815.jpg

長男はその時は「いいよ!」と、言ったものの・・・
帰宅してから、
「あいつ(次男)が、いきなりトンカツを取って行ったのには驚いた。
足りないのなら、追加でトンカツを注文すればよいのに・・・」と、不満気!

年頃になってからは、あまり話さなくなった二人。
お刺身が物足りなかったこともありますが、
きっと、弟としてちょっぴりだけ、兄に甘えたかったのでは?
ダンナも
「いい傾向だと、微笑ましく見ていたよ。」とのこと。

長男の赤ちゃんはすっかり次男家族の注目の的。
「うちの三番目の子みたいだ!」と、次男。
a0104891_19283251.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2010-08-13 23:04 | 家族