寝言

ダンナの寝言といったら、そりゃまぁ~大変なものです。
何が大変かと言ったら、

まず、声が大きい!
一緒に寝ているときは、急に怒鳴られて、びっくりして飛び起きました。
でも、本人はスースー寝ている。

そして、長い!
一度なんか「しゃぼん玉飛んだ」を最後まで歌いきりました。

次に、動作を伴う!
いつぞやは、飛び掛られて殴られそうになりました。
泥棒の夢だったそうです。

そんなことが続き、身の危険を感じた私は、
おちおち眠れないので、別寝しています。

ところが、別寝していても寝言は聞こえてきます。
今日の明け方は
「0000のぉ~0000000~・・・」と、
和歌やら、お経やら区別のつかない長い長い寝言!
和歌なんぞ詠むようなタイプじゃなし、一体なんだったんでしょう?
起きたら、
「こんな寝言言ってたよ~♪」と、言ってやりたいために
耳を澄ましているのですが、はっきり聞き取れません!
お陰でこちらは、目が醒めてしまいました。 

図書館のバラが花盛りでした。
a0104891_045799.jpg

a0104891_051269.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2010-06-19 23:54 | 家族