平凡な日常です。       (富山県在住)

by スイミー

実家の母が脳内出血で倒れ、入院したのは・・・去年の9月13日。
それから、少しずつ母は亡き父の元へ近づいていきました。

そして私が同窓会出席のため、福井へ来たのに合わせるかのように・・・
5月24日朝、父の元へ逝きました。
せっかちな父は、私や、弟、妹、孫達が着くまで待ち切れず、
母を迎えに来ました。
あと15分待ってくれたら・・・

22日に妹と病院へ行き、母の顔を見れたこと。
その時に、今度生まれた曾孫や、入学した曾孫の写真も見てもらいました。
23日の日曜には弟家族も訪れて会えたこと。
それが、慰めです。

お通夜、お葬式には長年会った事の無い従姉弟や、幼馴染などに、
母が会わせてくれました。

生前言っていた通り、懐に父の小さなお骨を入れ
思い出の写真と、たくさんの花に囲まれて、父の元へと旅立ちました。
とっても綺麗で穏やかな顔でした。

あれだけ、会いたかったお父さんに会えて
本当に良かったね。
嬉しそうに、ふたりで笑っている顔が浮かびます。
a0104891_216744.jpg
a0104891_2163161.jpg
a0104891_2164676.jpg

[PR]
by pcnsumie | 2010-05-27 22:41 | 家族